FC2ブログ




泣こうが喚こうが死なない限り明日はやって来る。もう引き返せない、遠いあの日――そんな≪無頼派≫な劇場へようそこ。


プロフィール

ブライアン

  • Author:ブライアン
  • 年齢:33歳
    性別:男
    身長:171cm 体重:63kg
    住所:神戸市
    職業:製造・物流
    主義:捲土重来を期す。
    映画:「東映実録やくざ」
    漫画:「ゴルゴ13」
    音楽:「矢沢永吉」
    一言:お前は防弾チョッキでも着て、じ~っとしとれば良かたい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



退院~娑婆復帰!の巻
去る7月7日から10日の4日間、私は「急性扁桃炎」により、入院してました。
点滴、投薬を丸4日続けた後、回復したので、10日の昼には退院できました。

病状~入院に至る経緯を書くと・・2週間ほど前から首のリンパ腺あたりが腫れてシコリができました。その4日後くらいには微熱や頭痛が出だして、喉の扁桃腺が腫れてきました。そして先週末から扁桃腺が異常なくらい痛み出し、鏡で喉奥を見ると、あちこち白く変色しており、御飯はもちろん水を飲みこむだけで焼けるような痛みに襲われました。しかも発声も困難な状況に。

私は生れつき扁桃腺肥大ですが、風邪をひきやすいとかの体質でもありません。
しかし、この喉の異常な痛みはこれまでに全く無かったものなので、大きい病院で診察してもらったところ、ウィルス性の「急性扁桃炎」だということでした。
医師から「強烈に腫れているし、即入院して治しましょう」と言われたので、こちらは二つ返事でした。
そこで急きょ、入院となったわけですが、2日目の点滴あたりから痛みが和らいできて、3日目にはだいぶ腫れもひいてきました。入院中は朝・昼・晩ずっとお粥と汁物系しか食べてないので、腹も空きましたし痩せました。

4日目の朝の点滴後、診察してもらい、扁桃腺もほとんど元通りになったということで、退院許可をもらいました。
昼過ぎに病院を出て、すぐ向かった先は定食屋。とんかつ定食をウマイウマイと言いながら口にかきこみました。そんな“出所したての元受刑者”みたいなマネするなよと思いましたが、こちとらずっとお粥だけでしたからね!

仕事の方も物流管理という職業がら、4日間休むと追いついていくのに大変なので、退院した次の日の金曜から出社しました。まあ週明けからだとなんとなくしんどそうなので、リハビリがてらということで。周りも気を使ってくれたので、定時ですぐあがりました。
しかし、今回の扁桃炎には参りました。今までで初めてのケースだし、そもそもはっきりとした原因が分からぬ。
たぶん日々の疲れからか免疫力が低下して、空気中にはびこる細菌を跳ね返せなかったのかなと思いますが・・・

再発予防にも心掛けなくては。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック