FC2ブログ




泣こうが喚こうが死なない限り明日はやって来る。もう引き返せない、遠いあの日――そんな≪無頼派≫な劇場へようそこ。


プロフィール

ブライアン

  • Author:ブライアン
  • 年齢:33歳
    性別:男
    身長:171cm 体重:63kg
    住所:神戸市
    職業:製造・物流
    主義:捲土重来を期す。
    映画:「東映実録やくざ」
    漫画:「ゴルゴ13」
    音楽:「矢沢永吉」
    一言:お前らが帰るか帰らんかはこっちが決めるんじゃボケ!!!



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



北アルプス~西穂高岳・登頂の記録 [前篇]
実録・ニッポン登山列伝-シリーズ

~振り向けば、北アルプス!西穂高岳・登頂の記録~
【 前 篇 】



去る9月21日~22日にかけて長野県~岐阜県の北アルプスは西穂高岳(標高2909M)を登頂しました。
今回はその時の記録を紹介します。西穂高岳というのは穂高連峰に属する一つのピークであり、他に北穂高岳、前穂高岳、奥穂高岳がある。
穂高連峰の中で最も高いピークが奥穂高岳(標高3190M)である。 

ニシホ57

■コース
新大阪⇒名古屋⇒松本⇒新島々⇒上高地⇒西穂山荘(泊)⇒西穂高岳山頂⇒上高地⇒新島々⇒松本⇒名古屋⇒新大阪



■またまたやって来ました、聖地・上高地!7月の蝶ヶ岳~常念岳・登山以来です。今回は帝国ホテル前からのスタートです。
田代橋からは梓川の彼方にそびえる穂高連峰がキレイに見える。

ニシホ1 ニシホ4 ニシホ3

西穂高登山道入口。まずは樹林帯の登りから。午前11時30分スタート。
ニシホ6 ニシホ7 ニシホ9

樹林帯の隙間から覗く穂高岳。登り始めて約2時間、午後1時半、西穂山荘に到着。人気ラウンドなだけあって、かなり混んでいる。
ニシホ8 ニシホ10 ニシホ59

翌日21日も天気良好。午前5時出発。日の出前なので西穂高岳全体がシルエットになっている。
ニシホ11 ニシホ12 ニシホ13

登り始めて30分、西穂高岳のピークたちが見えてきた。朝焼けに染まる彩雲、完全に秋の空である。
ニシホ14 ニシホ15 ニシホ16

西穂高岳・独標(標高2701M)が近づいてきた。岩場の登りだ。しかし皆さんお早いですな。
ニシホ17 ニシホ18 ニシホ19

西穂・独標に到着。独標の先に望めるのは笠ヶ岳(標高2897M)。この山も北アルプスの名峰だ。
ニシホ20 ニシホ21 ニシホ22

独標からは山頂に至るまでのピークが連なって望める。独標を振り返る。右後方に見えるのは焼岳と乗鞍岳。
ニシホ25 ニシホ26 ニシホ27

次なるピークに到着。ここからは前穂高岳と北穂高岳を結ぶ吊尾根の岩壁が望めた。イイネ、この迫力。
ニシホ29 ニシホ24 ニシホ31


■穂高岳・入門コースともなっている、この西穂~独標ですが、独標までなら誰でも比較的安全に登れると思います。
そこから先の山頂までのルートはなかなかの険路であり、それなりの注意が必要です。特に落石や滑落。岩場の急登の連続なので、落ちたらケガだけじゃ済まされないでしょう。三点支持をしっかり確認しながら登っていきます。さあさあ、岩と展望とスリルに満ちた魅力なルートをいざ行かん!




後篇に続く。

スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック