FC2ブログ




泣こうが喚こうが死なない限り明日はやって来る。もう引き返せない、遠いあの日――そんな≪無頼派≫な劇場へようそこ。


プロフィール

ブライアン

  • Author:ブライアン
  • 年齢:33歳
    性別:男
    身長:171cm 体重:63kg
    住所:神戸市
    職業:製造・物流
    主義:捲土重来を期す。
    映画:「東映実録やくざ」
    漫画:「ゴルゴ13」
    音楽:「矢沢永吉」
    一言:お前らが帰るか帰らんかはこっちが決めるんじゃボケ!!!



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



北アルプス~白馬三山・縦走の記録 [後篇]
実録・ニッポン登山列伝-シリーズ

~振り向けば、北アルプス!“白馬三山”・縦走の記録~
【 後 篇 】
 

去る8月11日~12日にかけて、北アルプスは白馬岳および白馬三山を縦走しました。
今回はその記録を紹介します。白馬三山とは白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳の総称を言う。
白馬三山1

■コース
新大阪⇒(夜行バス)⇒松本⇒大糸線・白馬駅⇒猿倉(登山口)⇒白馬鑓温泉小屋(1泊)⇒白馬鑓ヶ岳⇒杓子岳⇒白馬岳山頂⇒大雪渓⇒猿倉⇒白馬駅⇒松本⇒名古屋⇒新大阪



白馬鑓ヶ岳の頂を目指して登っていく。
白馬鑓 白馬39 白馬39

稜線から約30分ほどで鑓ヶ岳(2903M)の頂上に着く。
白馬41 白馬42 白馬44

頂上から登ってきた道を振り返る。右に剱岳を望む。登山やってる人間ならいつかは志したい岩と雪の殿堂の山だ。写真右は毛勝三山、上越国境の名山。
白馬43 白馬45 白馬49

そして視線を北に移すと、白馬岳の荒々しい雄姿が望めた。これはスゴイ。
典型的な「非対称山稜」だ。片面は緩い斜面なのに対して、反対側は鋭く切れ落ちる絶壁となっている。
 
白馬47 白馬52 白馬51

杓子岳を目指して縦走。砂礫の登りなのでけっこう登りづらかった。
白馬50 白馬53 白馬55

杓子岳山頂に到着。杓子岳から鑓ヶ岳を望む。写真右、白馬岳にまた一歩近いづいた。
白馬56 白馬57 白馬58

白馬岳縦走路を行く。南側から見た杓子岳。縦走路を振り返る。
白馬60 白馬61 白馬62

ここから見る白馬岳はキレイだ。白馬山荘を通過。
白馬64 白馬65 白馬66

山頂手前のレリーフ。そして午後12時過ぎ、ついに白馬岳登頂。標高2931M。
白馬67 白馬68 白馬70

白馬岳山頂からの景色。
白馬69 白馬71 白馬74

午後12時半下山開始。アイゼンを装着し、白馬大雪渓を通って猿倉へ。
白馬77 白馬78 白馬79

白馬80 白馬81 白馬82

山頂から約3時間かけて下山。午後3時半には白馬尻小屋に到着。
あとは猿倉までぶらぶら帰ろうっと。おつかれさん!

白馬83 白馬尻小屋


~その後、登山口の猿倉に着いたのが午後4時過ぎで、4時半の最終バスで白馬駅まで帰る。松本行の大糸線は午後6時過ぎ発だったので、白馬駅の前にあるソバ屋で空腹を満たす。松本に着いたのが午後8時過ぎ。ワイドビュー信濃で名古屋~新大阪と帰路につき、自宅に着いたのが午前0時過ぎだった。いや~疲れた(笑) ただ、縦走計画が達成されたことで心地よい疲労感のもと眠りにつきました。
今回の白馬三山は、岩稜あり、雪渓あり、温泉ありと、登山者の求めるものが揃っているラウンドであり、私自身もとても楽しめました。白馬岳は北アルプスの中でも随一の人気を誇る山で、戦前・戦後から多くの登山者が頂を目指しました。
昔も今も賑わう白馬岳もとい「北アルプス」って、やっぱイイヨねぇ~。また、いつか北アルプスに行こう。
それではこれにて、「ニッポン登山列伝・2013年夏の陣」、お終い!~


カッコイイぜ、白馬三山!
白馬85 白馬90         


スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック