FC2ブログ




泣こうが喚こうが死なない限り明日はやって来る。もう引き返せない、遠いあの日――そんな≪無頼派≫な劇場へようそこ。


プロフィール

ブライアン

  • Author:ブライアン
  • 年齢:33歳
    性別:男
    身長:171cm 体重:63kg
    住所:神戸市
    職業:製造・物流
    主義:捲土重来を期す。
    映画:「東映実録やくざ」
    漫画:「ゴルゴ13」
    音楽:「矢沢永吉」
    一言:お前らが帰るか帰らんかはこっちが決めるんじゃボケ!!!



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



北アルプス・蝶ケ岳~常念岳-縦走の記録(後篇)
実録・ニッポン登山列伝-シリーズ

~振り向けば、北アルプス!蝶ヶ岳~常念岳・縦走の記録~
【 後 篇 】
 

7月21日~22日にかけて、北アルプスは蝶ヶ岳から常念岳を縦走しました。
今回はその記録を紹介します。
■コース
新大阪⇒(夜行バス)上高地⇒横尾⇒蝶ヶ岳⇒蝶ヶ岳ヒュッテ泊⇒
常念岳⇒一ノ沢登山口⇒(タクシー)JR穂高駅⇒松本駅⇒名古屋⇒新大阪



22日午前5時半、蝶ヶ岳ヒュッテから常念岳へ向けて縦走開始。
バックに穏やかな蝶ヶ岳。朝日に映える常念岳を前方に見据えて進んでいく。

北アー蝶ケ岳23 北アー蝶ケ岳24 北アー蝶ケ岳26

樹林帯をいったん下って抜けると、常念岳の登りが目の前にそびえていた。
北アー蝶ケ岳25 北アー蝶ケ岳28 北アー蝶ケ岳29

槍・穂高方面を左手に望みながら、常念岳山頂へ向けてガレ場の道を登っていく。
北アー蝶ケ岳30 北アー蝶ケ岳31 北アー蝶ケ岳32

途中の鞍部で槍穂を背景に一枚。振り返ると蝶ヶ岳は遥か遠くに。
常念岳、最後の登りへさしかかる。

北アー蝶ケ岳33 北アー蝶ケ岳35 北アー蝶ケ岳36

そして道標が見えてきた。ついに常念岳山頂へ到着。午前9時、常念岳(2857M)登頂。
北アー蝶ケ岳37 北アー蝶ケ岳38 北アー蝶ケ岳39

常念岳山頂から、さらに北方に常念山脈の横通岳~大天井(おてんしょ)岳~燕岳(つばくろ)を望む。常念岳と横通岳の鞍部にある常念小屋を目指す(写真中央と右)
北アー蝶ケ岳41 北アー蝶ケ岳42 北アー蝶ケ岳43

今度は登った分ひたすらガレ場を下っていくわけですが、これがなかなかのしんどさ(笑)
常念小屋のある乗越浄土は広々としている。下ってきた道を見上げる。

北アー蝶ケ岳45 北アー蝶ケ岳44 北アー蝶ケ岳46

常念小屋にて小休止をした後、一ノ沢ルートを下って下山開始。
標高差1100M、距離5.7km!

北アー蝶ケ岳47 北アー蝶ケ岳48 北アー蝶ケ岳49

一ノ沢ルートは常念岳の一般登山道として知られているけど、これも相当キツイよね~
気づけば常念岳山頂は遥か遠くに。あと2.8km。

北アー蝶ケ岳50 北アー蝶ケ岳51 北アー蝶ケ岳52

常念小屋から下ること約2時間半。午後12時50分頃、一ノ沢登山口に到着。
北アー蝶ケ岳54 一ノ沢

■一ノ沢登山口からは常念小屋にてあらかじめ予約しておいたタクシーでJR穂高駅まで行き、そこから松本駅、その後「ワイドビュー信濃・特急」に乗り換えて名古屋経由で新幹線で新大阪まで帰ってきました。今回の登山は5年半ぶり、北アルプスは実に7年ぶりというかなりのブランクがあったものの、体力的にはそらキツかったですが、怪我もなく無事に終えることができて、とても素晴らしい山旅になったと思います。
しかしやっぱり上高地は最高ですね。登山者の聖地というか、登山の原点がここにあるような気がします。あと山小屋に泊まるのもいろいろな出会いと別れがあって、これもまた懐かしくステキな感覚でした。


JR穂高駅。 駅舎に張ってあったポスター。書いてあるフレーズが憎いぜ!(笑)
北アー蝶ケ岳55 北アー蝶ケ岳56



                                 


スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック