FC2ブログ




泣こうが喚こうが死なない限り明日はやって来る。もう引き返せない、遠いあの日――そんな≪無頼派≫な劇場へようそこ。


プロフィール

ブライアン

  • Author:ブライアン
  • 年齢:33歳
    性別:男
    身長:171cm 体重:63kg
    住所:神戸市
    職業:製造・物流
    主義:捲土重来を期す。
    映画:「東映実録やくざ」
    漫画:「ゴルゴ13」
    音楽:「矢沢永吉」
    一言:お前は防弾チョッキでも着て、じ~っとしとれば良かたい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


尾道⇒今治~しまなみ海道縦走記
♪Ran Away 南へ向かえば今 答えなどないと気づいた
(矢沢永吉「逃亡者」より)


ああ瀬戸内海!しまなみ海道縦断-【今治篇】

map1.png

【コース】
■新大阪⇒(新幹線)尾道⇒向島(渡船)⇒因島(自転車)⇒生口島⇒大三島⇒伯方島⇒
大島⇒今治~新大阪(高松経由)


神戸からはるばる広島・尾道「しまなみ海峡」へ到来した私ですが、生口島・瀬戸田で一泊して次の日、いよいよゴールである今治へと進行します。生口島から「多田羅大橋」を渡って大三島へ。伯方島~大島へ移り、そして今回のメインイベントにして、しまなみ海道最長の「来島海峡大橋」を渡ります。それでは、いざ愛媛・今治へ!

午前8時前、民宿を後にして、多田羅大橋を目指す。その前に瀬戸田港へ。
しまなみ海道縦走 038 しまなみ海道縦走 041 しまなみ海道縦走 039

■多田羅大橋の勇姿!いや~萌えるほど美しい造形だぜ。対岸は大三島です。
しまなみ海道縦走 026 しまなみ海道縦走 027 しまなみ海道縦走 028

前略、橋の上から…。「瓢箪島」も。大三島から見た生口島。そして多田羅大橋!素晴らしいね。
しまなみ海道縦走 046 しまなみ海道縦走 042 1024-768多田羅大橋

■大三島上陸。ここからは愛媛県・今治に入ります。
そして西に大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)へ向かう。

しまなみ海道縦走 047 しまなみ海道縦走 048 しまなみ海道縦走 049

しまなみ海峡に連なる島々にも国宝級の神社があるから、伝承には事欠かない。
しまなみ海道縦走 051 しまなみ海道縦走 054 しまなみ海道縦走 053

これが樹齢2600年!のクスノキ。名前を「乎千命(おちのみこと)」という。さて、パワースポットにも立ち寄ったところで、来た道を往復して、次なる大三島橋を目指します。
しまなみ海道縦走 052 しまなみ海道縦走 055 しまなみ海道縦走 056

■左から大三島橋(しまなみ海道の中で最短の326m)。中央と右は伯方・大島大橋
しまなみ海道縦走 057 しまなみ海道縦走 066 しまなみ海道縦走 062

ついに大島上陸。そして亀老山(きろうさん・標高305m)の展望台を目指す。標高こそ低いものの、下からの距離が約3kmの登りになったので、ほとほと疲れた・・・。到着後、伯方塩アイスを食す。
しまなみ海道縦走 067 しまなみ海道縦走 075 しまなみ海道縦走 074

展望台からは、大島と今治をつなぐ最長の来島海峡大橋(全長4㎞)の全貌が!
しまなみ海道縦走 070 しまなみ海道縦走 071 しまなみ海道縦走 073

展望を堪能し、亀老山をいっきに下って、来島大橋のふもとへ。いよいよラストスパート。
しまなみ海道縦走 077 しまなみ海道縦走 079 しまなみ海道縦走 081

今治造船工場に着き、しまなみ海道縦走は終わった。さらば、またいつの日か!
しまなみ海道縦走 082 df00ad37.jpg

今治市街に入り、JR今治駅を目指す。
しまなみ海道縦走 084 今治駅

自転車を返却し、駅構内に入ると、“ゆるキャラ”、今治のバリィさんがお出迎え。
よくよく見ると、頭の冠らしきものは来島海峡をイメージし、腹巻は今治の特産品であるタオルから、キャラ自体のモチーフは今治は焼き鳥が有名だから鳥なんだって!(笑)

バリィさん


午後2時頃に今治駅に着いた私はそのまま帰路につき、高松経由で瀬戸大橋を通って新大阪まで帰りました。
始めての「しまなみ海道縦走」は期待を裏切らない楽しさにあふれ、瀬戸内海の島々の魅力を堪能できました。今回は始めてで時間配分が分からず、1泊2日のゆっくりペースで縦走しましたが、名所を回って堪能するにはそれくらいが丁度イイですね。渡るだけなら1日というか8時間程で十分行けますな。
また行きたいです、今度は今治~尾道の逆コースを回ってみようと思います。


                    おわり

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。