FC2ブログ




泣こうが喚こうが死なない限り明日はやって来る。もう引き返せない、遠いあの日――そんな≪無頼派≫な劇場へようそこ。


プロフィール

ブライアン

  • Author:ブライアン
  • 年齢:33歳
    性別:男
    身長:171cm 体重:63kg
    住所:神戸市
    職業:製造・物流
    主義:捲土重来を期す。
    映画:「東映実録やくざ」
    漫画:「ゴルゴ13」
    音楽:「矢沢永吉」
    一言:お前は防弾チョッキでも着て、じ~っとしとれば良かたい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


80年代代表曲「プライベートストーリー」
今回はひっさびさに当ブログのカテゴリにある「男たちのメロディー」において映画音楽の紹介を一曲やってみましょう!ということで、これがまた通というかその筋【=シネフィル(映画マニア)】の人たちしかご存知ないかもしれない曲なのですが、“あの頃の青春プレイバック”を感じさせる良い曲なので紹介しますね。


『プライベート・ストーリー』 (1984年)


歌:PINK(ロックバンド)

■視聴する⇒ 映画「チ・ン・ピ・ラ」プロモーション映像 


ガラス越しに 街は踊る 銀のヒール探して
ベルが響く 束の間ストップモーション 光と闇の隙間で
どこか知らない街 君と出会った 夢のような話を

蒼いカタルシス 飛び交う言葉 路地に捨てた溜息 
ビルの陰で裂ける欲望 古い壁に滲んで 
どこか知らない街 君が結んだ 夢のような話を

聞・か・せ・て Your プライベート ストーリー 
果・て・な・い Your プライベート、プライベート ストーリー

どこか知らない街 君と出会った 夢のような話を
聞・か・せ・て Your プライベート ストーリー きらめく言葉で
果・て・な・い Your プライベート、プライベート ストーリー

いつかどこかで・・・



★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★★★★★★★★★★★★★

■解説■ この曲は1984年(昭和59年)公開の映画「チ・ン・ピ・ラ」の主題歌となった曲です。
主演は「あぶない刑事」で有名な柴田恭兵と、伝説のロックグループ「キャロル」にいたジョニー大倉の二人。映画はタイトルから分かるように、本職やくざに成りきれない(なろうとしない)二人のチンピラが「ユスリ・タカリ・ナンパ」などを繰り返しつつ自由に生き生きとしていく話なのですが、ある時期に“正式に盃を受けて腰を据えろ”と薦められ、また同時に覚せい剤がらみの“ヤクネタ”に首を突っ込んでしまったことから、それまでのぬるま湯的状況が一転。ヤクザたちに追いつめられ、苦悩と葛藤、そして破滅するという若さゆえの過ちが引き起こす哀しく痛い生き様を描いた青春群像劇となっています。ファンの間では「あぶない刑事」でヒットする以前の柴田恭兵《大下勇次》のルーツがここにあるとして、隠れた傑作と評されています。
それに反映するようにこの「プライベートストーリー」が流れるのですが、これぞバブル80年代!的な甘酸っぱい匂いが感じられてとてもステキな曲だと思います。
この曲を歌う「PINK」というロックバンドも詳しくは知らないですが、この映画を観たときにかかっていたのがこの「プライベートストーリー」であり、映画とマッチした曲だなあと思いました。
聴いていると、なにやらフライデー・ナイトの街に繰り出したくなるような曲ですね!(笑)

↓参考までに。
チンピラ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。