FC2ブログ




泣こうが喚こうが死なない限り明日はやって来る。もう引き返せない、遠いあの日――そんな≪無頼派≫な劇場へようそこ。


プロフィール

ブライアン

  • Author:ブライアン
  • 年齢:33歳
    性別:男
    身長:171cm 体重:63kg
    住所:神戸市
    職業:製造・物流
    主義:捲土重来を期す。
    映画:「東映実録やくざ」
    漫画:「ゴルゴ13」
    音楽:「矢沢永吉」
    一言:お前らが帰るか帰らんかはこっちが決めるんじゃボケ!!!



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



六甲アイランドの諸事情
私が住んでいる神戸・六甲アイランドに「マンション建設における日照権問題」が起こっていたとは知らなかった。
それも自分の住むマンションの目の前にあるマンションが、その対象だったとは(笑)
この問題は2009年12月に、毎日放送の「VOICE」という番組が取材していたようです。
今のマンションを購入するために2009年4月に家族で初めてこの地に来た時は目の前がラグビー場でした。それが半年後の2009年の10月頃にはマンション建築工事が開始され、2011年末には完成。

もともとそのラグビー場は「文化レクリエーション地区」と呼ばれていて、住宅建設の対象地区ではなかったのですが、所有者が売却したため急遽、マンション建設が着工されたらしいです。
そこで浮上したのが先に述べた日照権侵害問題であります。建つ予定のなかったところにおっ建てられたのでは、先住民にしてみれば「聞いてねーぞ!?」と言いたくなります。
購入時に不動産会社のほうからも何も説明がされていなかったようなので、問題として騒ぐのは当然でしょう。周辺住民の方々はこうした事態に神戸地裁に建設工事差し止めまで申請したみたいですが、結局15階建てマンションが堂々眼前にそびえ立ってしまったようです。「おいおい、神戸市役所よ。もっと地域住民の立場になって考えてくれよ」と言いたくなりますね。
かくいう私は9階に住んでいるので、それほど気にはなりませんが、1階~5階くらいまでの住人の方はけっこう鬱陶しいことだと思います。

まあ今更どうこう言っても時すでに遅しですが、せっかく「六甲アイランド」という土地環境も良く住みやすい街なのに、そういった問題で気分を害さないでほしいですね。YouTubeでそのニュースが載っていたので、紹介します。毎日放送_VOiCE_憤懣本舗_六甲アイランド_「日照権問題」
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック